遠距離恋愛 電話 頻度

遠距離恋愛での電話の頻度とは

スポンサーリンク

遠距離恋愛ではお互いの声を聞いて安心することが関係の長続きにとって大事です。
無料通話が可能なアプリ、ラインなどの登場で、電話代を気にする必要は無くなったものの、逆にどれくらいの頻度で電話をすればいいのだろうと悩む人が増えています。
このような悩みへの対処には、お互いの性格をよく知ることと、その上で最低限の連絡を保つことがカギとなってきます。
まず、男性は頻繁な連絡があまり好きではないと思われがちですが、そんな男性の性格も様々で、連絡がきちんとないと不安だという人も当然いますし、逆に女性でもそんなに連絡は必要ではないと感じている人もいます。
連絡が片方のストレスになったり、連絡がないことで片方が我慢を強いられたりということがないように、お互いが電話に関してどんな考えを持っているかをきちんと把握しましょう。
また、電話は大事ですが、メールやラインといったメッセージのやりとりも今は大事です。
あまり何度もやり取りをしてしまっては負担になりかねないので、少しのメッセージを毎日するということがつながりを感じることができる大事な手法です。

スポンサーリンク

お互いの必要な連絡頻度が分かったら遠距離恋愛も一安心と思いきや、ここで注意が必要です。
たとえば、「あまり連絡は必要ない」という結論になって月1から2回の頻度での電話になってしまうと、お互いにすれ違いが生まれたり、心変わりが生じてしまう可能性が高まります。
一緒にいないのが当たり前となってしまっては、他に心変わりしてしまう可能性は十分に考えられます。
会えない寂しさから心変わりすることもあります。
遠距離恋愛の難しいところはこのような会えない時間が長いということに尽きると思います。
なので、たとえ連絡がそんなに必要ないと思えても、週1回は連絡を取りましょう。
週1の頻度であれば、話す話題が少なすぎることも多すぎることもなく、お互いの負担にならない会話がしやすいです。
逆に頻度が多くなり過ぎそうな場合は、話し合ったうえで上限回数を決めてもいいでしょう。
このように、遠距離恋愛ではお互いの話し合いと気遣いの努力で電話の回数を適度に維持していくことが大切です。
離れすぎないように、負担にならないようによく考えましょう。
遠距離恋愛を始めたばかりは寂しさから頻繁に連絡を取りがちになりますが、それをずっと維持するのは負担になるので、よく話し合って二人で決めていきましょう。

スポンサーリンク

当サイトの記事はいかがだったでしょうか?

当記事はいかがだったでしょうか?
お役に立ちましたか?
もしよろしければソーシャルメディアボタンで共有していただければ非常にうれしいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加