遠距離恋愛 別れ 復縁 理由

遠距離恋愛で別れたり復縁を繰り返す理由とは

スポンサーリンク

 遠距離恋愛は会えない時間が多いので、会えた時の嬉しさと、帰りの別れを惜しむ辛さは近距離恋愛をしている人たちに比べればとてつもなく大きなものでしょう。
そんな遠距離恋愛をしているカップルでもケンカは起こります。
日ごろ会えない分、会った時にあまえてしまう気持ちが度を過ぎてしまったり、会えない日々が続き、そのじれったさから遠距離恋愛から逃げてしまう人もいるかもしれません。
会っている時や離れている時構わず、どちらでもケンカは起きてしまいます。
 ケンカがただのケンカで終わればいいのですが、それが別れへとつながることもあるでしょう。
近くにいるカップルだと、その修復が早くできます。
仲直りするきっかけが沢山あるからです。
会いに行く・会いに来る・待ち合わせる・電話・メールなどです。
しかし遠距離だと会うこと自体が容易ではないため、きっかけが必然的に少ないのです。
その結果、別れへとつながりやすいのです。

スポンサーリンク

 けれど、やはり相手の想う気持ちの方が勝るとその後、復縁となります。
本来の意思と反して別れる場合が多く、すなわちケンカになる要因が修復するきっけより多いのです。
頭を冷やし冷静になって考えると、一時的な感情で起こってしまったことを反省し、復縁するのです。
 遠距離恋愛では、近距離恋愛でいうただのケンカと仲直りといったかんじです。
ケンカをしてる最中は、どうしてもマイナス思考となり、近くで探したほうがいいんじゃないかと考えてしまします。
確かに越えなければいけないハードルや難関も多々あると思います。
その原因がちょっとだけ近距離恋愛のカップルより多いことで、別れと復縁を繰り返してしまう理由となっているのだと考えられます。

スポンサーリンク

当サイトの記事はいかがだったでしょうか?

当記事はいかがだったでしょうか?
お役に立ちましたか?
もしよろしければソーシャルメディアボタンで共有していただければ非常にうれしいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加