遠距離恋愛 復縁 冷却期間

遠距離恋愛での復縁で必要な冷却期間とは

スポンサーリンク

恋愛で別れてしまって、また復縁する場合は冷却期間が必要となります。
お互いに距離を取って、相手の存在の大きさを確認するわけです。
それで、あまり相手が大きな存在ではないと感じたらそのまま復縁はしないということになります。
焦って復縁するのもいけませんが、冷却期間が長すぎても復縁が難しくなります。
この冷却期間をどれくらいにするかは非常に難しい問題です。

 

特に遠距離恋愛ともなると、別れてしまったら完全に疎遠になってしまいます。
このため、一度別れてしまったら復縁が通常の恋愛より非常に難しいです。
これはなぜかというと通常の恋愛では、別れて一定期間冷却期間を持ちます。
そして、久しぶりに連絡を取って、ちょっと飲みに行かない?などの話も持ちかけたりします。
相手が行ってもいいかなと思えれば、復縁の第一歩となります。
遠距離恋愛の場合これが使えません。
会いに行くのが一苦労だからです。
費用も時間もかかります。
別れてからこのような費用と時間をかけて会いに来られるというのは重いと感じる場合も多くあります。
しかもそこまでして会いに行く場合は復縁を狙ってるのがバレバレです。
遠距離恋愛はついでにお茶でもという手法が使えないので復縁のきっかけがつかみずらいのです。

スポンサーリンク

つまり、遠距離恋愛の場合完全に連絡を取らない冷却期間があっては復縁は難しいということになります。
別れても友達のような関係を続けることができれば復縁の可能性も出てきます。
そもそも復縁をしようと思って別れるのもおかしな話ですので、復縁を望むのであれば恋人のまま一定期間距離を置くというやり方がいいでしょう。
お互いに愛情を確認するための期間として連絡を取らない期間を取るということです。
その場合はいつに連絡をするということを約束しましょう。
そしてその時に話し合うということです。
遠距離恋愛は別れてしまっては別れてしまっては復縁は絶望的とも言えますので、
相手に愛情がまだあるのであれば、この恋人のままでの一定期間の冷却期間を持つのはおすすめです。
その冷却期間に別れてしまう可能性もあります。
しかし、お互いに無理に恋人関係を続けていても、よくないのでダラダラと関係を続けることはやめましょう。

 

どっちにしろ遠距離恋愛はどこかの時点で終わらせて、同棲や結婚などの対応をとらなければなりません。
遠距離恋愛をずっと続けることは不可能だということも理解しておきましょう。

 

遠距離恋愛ではいったん関係が終わってしまってから復縁は厳しいので、別れ話が出たならどうすべきかを冷静にしっかり判断しましょう。

スポンサーリンク

当サイトの記事はいかがだったでしょうか?

当記事はいかがだったでしょうか?
お役に立ちましたか?
もしよろしければソーシャルメディアボタンで共有していただければ非常にうれしいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加