遠距離恋愛 連絡 頻度

遠距離恋愛で連絡を取り合う頻度について

スポンサーリンク

遠距離恋愛で一番頭を悩ませるのが、会いたくても会えないという心理的ストレスです。
遠距離という物理的な要因から、どうしても普段会うことが難しくなり、また恋人のもとへ向かおうとするも多額の交通費がかかってしまうため、頻繁に会いに行こうという気が失せてしまうのも仕方がないことです。
特に交通費がかかってしまうことは、生活にも直結します。
そう頻繁に会いに行けない一番の理由はこのお金の問題ではないでしょうか。
現在では携帯電話やスマートフォンで、自由にお互い連絡を取り合うことが可能なため、直接会って話をすることはできなくても、お互いの心の距離を縮めたり、関係性を維持するうえでは非常に有効なコミュニケーション手段となっています。
この手軽なコミュニケーションツールで連絡を取り合う頻度というものは、人それぞれであるため、うまく活用しないといけない場面も当然あります。
あまりにも連絡の頻度が多いと重いと感じてしまう場合もあります。
逆に少なくては冷めてしまったのでは?という不安を感じさせてしまいます。
バランスが重要です。

スポンサーリンク

つまり、連絡を取り合う頻度に対する感覚というものは人それぞれによって感じ方が違うため、毎日電話をしないとダメだという人もいれば、1週間に1度電話すればいいという人まで千差万別のため、この頻度というものを意識しないと、相手に不快感を与えるだけでなく、互いの関係性が維持できない危険性もあります。
ではどのくらいの頻度が適切かというと、3日に1回のペースで連絡をとるのが最も望ましいです。
もちろん時と場合によってこの連絡のペースは変わってきます。
電話は3日に1回でもメールやラインは毎日の方が望ましい場合があります。
一言おやすみなどのメッセージを入れるだけでもいいでしょう。
そういった少しのつながりが大切だったりします。
そして月に1,2回くらいは写真などで現在の生活の状況を報告するなどするといいでしょう。
どのような生活環境なのかをいうことを知ってもらうことも重要です。
3日に1回であれば、毎日電話をしなければならない、という心理的ストレスはないでしょうし、また連絡しなさすぎるということにもならないので、遠距離恋愛であればこの回数が最も良好な関係を維持できる魔法の数字なのです。
そのくらいのペースを基本として、後はその時の状況によって臨機応変に対応していきます。
難しいと言われる遠距離恋愛を続ける秘訣は、この頻度にあるわけです。

スポンサーリンク

当サイトの記事はいかがだったでしょうか?

当記事はいかがだったでしょうか?
お役に立ちましたか?
もしよろしければソーシャルメディアボタンで共有していただければ非常にうれしいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加